本当に稼げるFX自動売買プログラムを開発


by strategicserendipity

プロフィールを見る

=============
FX自動売買プログラム一覧
=============
■PriceBreakerシリーズ
★PriceBreakerとは??
PriceBreaker_USDJPY_S2
PriceBreaker_USDJPY_S2

PriceBreaker_GBPJPY_S2
PriceBreaker_GBPJPY_S2

PriceBreaker_AUDJPY_S2
PriceBreaker_AUDJPY_S2

PriceBreaker_AUDCHF_S3
PriceBreaker_AUDCHF_S3

PriceBreaker_EURJPY_S3
PriceBreaker_EURJPY_S3

PriceBreaker_EURUSD_S2
PriceBreaker_EURUSD_S2

PriceBreaker_USDCHF_S2
PriceBreaker_USDCHF_S2

PriceBreaker_GBPUSD_S3
PriceBreaker_GBPUSD_S3


■DailyAnomalyシリーズ
★DailyAnomalyとは??
DailyAnomaly_AUDCHF_v1
DailyAnomaly_AUDCHF_v1


FX投資情報コミュニティfx-on.com
=============
開発者の考え
=============
⇒バルサラの破産確率からEAを評価する

⇒FXにテクニカル指標は不要!?

⇒システムトレード新時代

⇒システムトレードの優位性

=============
自動売買システム実績
=============
⇒自動売買システム実績

=============
その他
=============
⇒PriceBreakerが取り上げられている記事

=============
リンク
=============
FX自動売買でお金を増殖させる(EA無料提供中!)

カテゴリ

全体
当ブログについて
FX自動売買プログラムの紹介
自動売買に対する考え方
システムトレードの優位性
FXの真実
自動売買システム実績
自動売買PGバックテスト結果
日々雑感
未分類

以前の記事

2016年 12月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

メリマンレポートでFX

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

PriceBreakerの紹..
at 2016-12-31 23:59
PriceBreaker S..
at 2016-12-30 23:59
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-28 00:47
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-24 22:46
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-21 22:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー

システムトレードの優位性 その1

与えられた情報をそのまま鵜呑みにすることは、
負けトレーダーへの第1歩といわざるを得ません。
残念ながら世の中の情報は、あなたを儲けさせるために発信されているわけではないのです。
(まぐれで大当たりすることはあるかもしれませんが、勝ち続けることは難しいでしょう。)

そして、
 証券会社の提供する為替チャートですら、そのように考える必要があるのではないか
と思うのです。
いや、決して、証券会社の提供するチャートがニセの値だ、といっているのではありません。


 立方体を、ある面の真正面から見ると、2次元の平面に見えます。
 おそらく多くの人は、「そこには1枚の壁がある」と言うでしょう。
 果たして、事実はそうなのか。
 実際にそこにあるのは、3次元の箱なのです。


そんなことが、為替のチャートにも言えるのではないか。
b0307377_1205557.jpg


プロのディーラーが、ディスプレイを何枚もならべて、
様々なチャートを同時にウォッチしている光景をご覧になったことがあるかと思います。
これは、複数の2次元チャートを通して、「3次元的」な「お金の流れ」を読み解こうという
努力の現われなのです。


特に、サラリーマンの片手間でFXをされている方は、
家のノートパソコンやスマホでチャートを確認することになり、
複数のチャートを同時に眺めることはなかなか困難。

そもそも、複数チャートを表示したところで、そこから立体的な
お金の流れを読み解くには、相当な経験と知識が必要なわけです。
(それができたら、プロトレーダーの仲間入り!?)


***************************************************************

そこで、我々個人投資家にできることは何かないのか?

人間にとって複数の情報を同時に監視し続けることは容易ではありませんが、
幸いコンピュータは、
 USD/JPYの値動きを見つつ、EUR/USDの値動きを見つつ、GBP/JPYの値動きを見つつ・・・
といったことを、比較的容易にやってくれます。しかも24時間。文句も言わず。(エライなー)

このように、
 システムの方が得意なことはシステムに任せよう!!
というのが、システムトレードを採用する理由のひとつです。
(もちろん、システムより人間の方が得意なこともあります。適材適所が肝心ですね。)

さらに、上述のとおり、どうせシステムに任せるなら、
複数通貨を同時に見張りつつ、必要に応じて売買してもらったほうがいい。
そのほうが、少しはプロトレーダーに近づけるし、
何よりリスクの分散になっている。
ということになるわけです。

というわけで、次回は、複数通貨投資についてさらに考えてみたいと思います。


いつもありがとうございます。
[PR]
by strtgcserendipity | 2013-10-02 01:35 | システムトレードの優位性