本当に稼げるFX自動売買プログラムを開発


by strategicserendipity

プロフィールを見る

=============
FX自動売買プログラム一覧
=============
■PriceBreakerシリーズ
★PriceBreakerとは??
PriceBreaker_USDJPY_S2
PriceBreaker_USDJPY_S2

PriceBreaker_GBPJPY_S2
PriceBreaker_GBPJPY_S2

PriceBreaker_AUDJPY_S2
PriceBreaker_AUDJPY_S2

PriceBreaker_AUDCHF_S3
PriceBreaker_AUDCHF_S3

PriceBreaker_EURJPY_S3
PriceBreaker_EURJPY_S3

PriceBreaker_EURUSD_S2
PriceBreaker_EURUSD_S2

PriceBreaker_USDCHF_S2
PriceBreaker_USDCHF_S2

PriceBreaker_GBPUSD_S3
PriceBreaker_GBPUSD_S3


■DailyAnomalyシリーズ
★DailyAnomalyとは??
DailyAnomaly_AUDCHF_v1
DailyAnomaly_AUDCHF_v1


FX投資情報コミュニティfx-on.com
=============
開発者の考え
=============
⇒バルサラの破産確率からEAを評価する

⇒FXにテクニカル指標は不要!?

⇒システムトレード新時代

⇒システムトレードの優位性

=============
自動売買システム実績
=============
⇒自動売買システム実績

=============
その他
=============
⇒PriceBreakerが取り上げられている記事

=============
リンク
=============
FX自動売買でお金を増殖させる(EA無料提供中!)

カテゴリ

全体
当ブログについて
FX自動売買プログラムの紹介
自動売買に対する考え方
システムトレードの優位性
FXの真実
自動売買システム実績
自動売買PGバックテスト結果
日々雑感
未分類

以前の記事

2016年 12月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

メリマンレポートでFX

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

PriceBreakerの紹..
at 2016-12-31 23:59
PriceBreaker S..
at 2016-12-30 23:59
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-28 00:47
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-24 22:46
【シストレ24公式 攻略ブロ..
at 2015-02-21 22:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テクニカル分析は無意味

ネットを漁っていたら、
『テクニカル分析は無意味』
という、このブログにぴったりな記事(2ch)を見つけたので、ご紹介。

テクニカル分析は無意味

***************************************************************

★個人トレーダーの認知的不協和について★

■個人トレーダーがテクニカル分析の負ける危険性(認知2)を知る

●認知1   私、個人トレーダーAはテクニカル分析を使う
●認知2   テクニカル分析を使うと負け組になりやすい

このとき、認知1と認知2は矛盾する。
「負け組になりやすい」(認知2)ことを知りながら、「テクニカル分析を使う」(認知1)という行為のため、個人トレーダーAは自分自身に矛盾を感じる。
そのため個人トレーダーAは、認知1と認知2の矛盾を解消しようとする。

■自分の行動(認知1)の変更

●認知3(認知1の変更)   私、個人トレーダーAはテクニカル分析を捨てる
●認知2             テクニカル分析を使うと負け組になりやすい

一番論理的なのは認知1を変更することだ。
「テクニカル分析を使う」(認知1)を「テクニカル分析を捨てる」(認知3)に変更すれば、「テクニカル分析を使うと負け組になりやすい」(認知2)と全く矛盾しない。

これが小さなことならば、自分の行動を修正または変更することで足りる(例えば、漢字を間違って覚えていたならば、正しい漢字を覚えなおせばよい)。
しかし、個人トレーダーの多くは幼稚な分析に依存する傾向が強いため、テクニカル分析を捨てる行為は苦痛を伴う。
したがって、「テクニカル分析を使う」(認知1)から「テクニカル分析を捨てる」(認知3)へ行動を修正することは多大な困難が伴い、結局は「テクニカル分析を捨てる」事ができない人も多い。

その場合は、認知2に修正を加える必要が生じてくる。

■新たな認知(認知4または認知5)の追加

●認知1   私、個人トレーダーAはテクニカル分析を使う
●認知2   テクニカル分析を使うと負け組になりやすい
●認知4   テクニカル分析で儲かっている人もいる     ※このスレだと「いや俺は儲かってるんだ、これからも儲かり続ける」虚勢型が優勢みたいだな
●認知5   ファンダの売買の方が破産する確率が高い   >>86みたいな奴だな

「テクニカル分析で儲かっている人もいる」(認知4)を加えれば、「テクニカル分析を使う」(認知1)と「負け組になりやすい」(認知2)との間の矛盾を弱めることができる。
そして「ファンダの売買の方が破産する確率が高い」(認知5)をつけ加えれば、負け組になって大損することへの恐怖をさらに低減することができる。


***************************************************************

ちょっと難しい「認知的不協和」という言葉が出てきていますが、
要は、
『なんか負けるとわかっているけど、やめられない』
みたいな感じですね。

私、個人トレーダーAはテクニカル分析を使う


から

私、個人トレーダーAはテクニカル分析を捨てる


に考えを変えられればいいだけのことなんですけどね。。




[PR]
by strtgcserendipity | 2014-04-16 18:26 | 日々雑感

勝率7%台にもかかわらずPF1.94

さきほどPriceBreakerのフォワードテスト結果を眺めていたら、


PriceBreaker_USDJPY_S2
PriceBreaker_USDJPY_S2


こちらのEA、
勝率:7.41%
プロフィットファクター:1.94

となっていました。

みなさん、信じられますか?
勝率はたったの7%台。
それでもトータルでは十分に利益を上げているのです。

これは、言わずもがな、
『利大損小』
の精神を、システムが愚直に守っているからです。

人間には感情があるので、なかなか損切りできません。
しかしシステムは、「違う!」と判断すればサッサと損切りしていきます。
この差が、
勝率:7.41%
プロフィットファクター:1.94

を可能にしているのです。

さらに、このPriceBreakerのトレードロジックのおかげで、
バルサラの破産確率も、0.000%となるのです。
バルサラの破産確率からEAを評価する


今後も、PriceBreakerのフォワードテスト結果にご注目ください!!


[PR]
by strtgcserendipity | 2014-04-15 23:05 | FX自動売買プログラムの紹介

【FX自動売買プログラム紹介】PriceBreakerってどんなシステムなの??

今回は、
そもそも「PriceBreakerってどんなロジックなのよ??」というところを
可能な限りご紹介したいと思います。



・・・・と、その前に、

PriceBreaker_S2シリーズを開発、発売しました!!

fx-onにてバックテスト結果の公開と、フォワードテスト&販売しております。
ぜひご覧になってください。


←左に並んでいます。




では、本題。
『PriceBreakerってどんなシステムなの??』

1.コンセプト
PriceBreakerのコンセプトは、
『普遍的な裁量トレード手法のシステム化』です。
では、『普遍的な裁量トレード手法ってなんなのよ?』ということですが、
私は『プライスアクショントレード』だと考えています。

そもそも、ブログのタイトルにある『FXはテクニカル分析を捨てると勝てる!!!』のはなぜなのか?
それに関する1つの考え方として、こちらのページにお書きしています。

FXにテクニカル指標は不要!?


私自身、FXの世界のプロの方のお話を聞いてまわり、どうすればFXで利益を上げられるのか
日々研究しています。
そんな中、お話を伺ったのが成澤竜児さん。
もともとプロの為替ディーラーをされていた方で、現在はFXに関するブログも公開されています。

FX初心者のためのRyuz式FX投資ブログ


成澤さんから伺った話で、特に印象に残っているのが、
・成澤さんはテクニカル指標どころか、チャートすらあまり見ない。プライスボードだけ見てトレードしている。
・とにかく『プライスアクション』が大事。
・テクニカル指標は、まぁ、参考程度に1日1回見る程度。

この話を聞いて、私はとても納得がいきました。
というのも、それまでテクニカル指標に基づいた自動売買システムを開発しても、
バックテストで全くと言っていいほど利益が上がらず、苦労していたからです。

成澤さんから話を聞いて、それまでのテクニカル指標に基づいたシステム開発から一転、
プライスアクションに基づいたシステムを開発するようになって、ようやくバックテストで
利益が上がるようになりました。

こうして開発されたのが、PriceBreakerなのです。

プライスアクションのとらえ方にもいろいろあるとは思いますが、
まずはシンプルに、
・直近数日の高値を上抜けたらLongエントリー
・直近数日の安値を下抜けたらShortエントリー
とすることで、プライスアクションをとらえています。
(高値・安値のBreakでエントリーなので、PriceBreakerです。。)

2.エントリーポイント

既にお書きしている通り、
・直近数日の高値を上抜けたらLongエントリー
・直近数日の安値を下抜けたらShortエントリー
となります。
「直近数日」が具体的に何日なのか?というところは、
通貨ペア毎に最適な日数を設定しております。

3.イグジットポイント(利益確定)

PriceBreakerは、イグジット条件にもテクニカルを使っていません。
2種類の利益確定幅が各通貨ペア毎に設定してあり、
エントリーの時点でTakeProfitの指値も入れます。
その指値に到達するまで、ひたすら待ちます。

4.イグジットポイント(損切り)

FXでとっても大切な損切り。
感情を有する人間には難しい損切りですが、だからこそシステムに適切にどんどん損切ってもらおう。
これが私がシステムトレードを行う理由の一つです。

さて、PriceBreakerの損切りですが、こちらも利益確定と同様に、
各通貨ペア毎に損切り幅が事前に設定してあり、
エントリーの時点でStopLossの逆指値も入れます。
ですので、不慮の事態(9.11や3.11のような)が起きて思わぬ方向へ値が急変しても、
大事には至りません。
これはFXをするうえで、最低限のマナーですね。

また、利益確定幅が損切幅よりも非常に大きい設定になっています。
低い勝率を高い損益レシオでカバーし、“トータルでは”利益が積みあがるロジックです。
「損小利大」を忠実に実行し続けます。


5.トレーリング機能

よく聞かれるのは、「トレーリング機能はありますか?」ということ。
これはPriceBreakerの特徴なので詳しくお話しできませんが、
「利益を最大にし、損失を最小にできるようなトレーリング機能」が組み込まれています。

ちなみに、fx-onのフォワードテストを見ていると、含み益を確定させず、
利益確定しないまま含み益が消えてしまうことがありますが、それはPriceBreaker的には正しい挙動です。
長期間のトータルで見ると、その方が利益が上げられる、というシステムの判断です。

6.得意な相場と苦手な相場

どんなシステムにも、得意な相場と苦手な相場があります。
それを理解して使うことが大切です。
逆に言うと、ある期間負けが込んでいても、その期間の相場がシステムにとって苦手な環境であれば、
「まぁ、そりゃそうだよね」と理解して、得意な相場環境に変わるまで辛抱するのも
システムトレードの醍醐味です。

PriceBreakerは
・得意な相場
 値動きが激しい。値動きに一定の方向感がある。
・苦手な相場
 レンジ相場
となります。

もちろん、私自身もPriceBreakerでリアルトレードをしています。
まさに今、こんな感じです。
b0307377_12291950.png


これは、GBPJPYの日足チャートです。
赤の横線が2本ありますが、
上の赤線が、エントリーしたレベルです。
直近数日の安値を下にブレイクしたところで、Shortで入り、現在含み益を抱えてポジション保有中です。
下の赤線がTakeProfitのレベルで、ここに到達するまでは持ち続けます。

ラインブレイクを人に代わって常に見張ってくれて、適切なタイミングでエントリーしてくれる。
とても優秀な相棒です。

以上がPriceBreakerの説明でした。
いかがでしたでしょうか?

もしご質問ありましたら、可能な限りお答えしますので、
当ブログのコメント欄でも、fx-onの商品ページのコメント欄でも構いませんので、
遠慮なく書き込みください。



[PR]
by strtgcserendipity | 2014-04-06 12:42 | FX自動売買プログラムの紹介